自分の肌は、最近、年をとったせいで乾燥肌になったのではないかと考えている人はいませんか。

それでスカルプDの乾燥肌用のシャンプーを選んでしまったり、逆にオイリーのほうがいいだどうと、スカルプDのオイリー用シャンプーを選んでしまっている人がけっこういるようです。

しかしその前によく考えてみましょう。

冬はもともと乾燥肌になりやすい季節ですから、本来のあなたの皮質や頭皮年齢とはまったく違うところで、頭皮の環境変化が起きているのです。

そのような状態でいくらスカルプDシャンプーを選別しても、スカルプD本来の効果が得られるはずはありません。

頭皮がかゆいとか、よくフケがよく出るようになったと感じるのも、冬特有の乾燥した空気によってもたらされるもので、冬には冬に適したスカルプケアを行った後にシャンプーをするというのが正しい使用法です。

そのようにすればスカルプDの特徴にあるような効果は、ほぼ間違いなく得られるのではないでしょうか。

よく「顔と頭皮は1枚の肌でつながっている」と言われますが、それをヒントにすれば、季節ごとのスカルプケアも、それほどむずかしくはありません。

たとえばかゆみやフケは、誤ったスカルプケアの方法によっても発生してしまいますし、シャンプーのしすぎや過度なすすぎ、頭皮マッサージのしすぎなどでも起こります。

男性の場合とくに多い過ちが、適量をこえたシャンプー量を頭皮にこすりつけて、ゆすぎの際に十分な洗い落としが出来ていないというケースです。

そうすると毛穴の汚れが落ちないままシャンプーの液でフタをしてしまうような状態になりますから、頭皮に空気が行き渡らず頭皮の乾燥を加速させてしまいます。

その結果、かゆみやフケまで促進させてしまうのです。

スカルプDの正しい効果を得るためには、まず正しいスカルプケアの仕方をマスターしましょう。

スカルプDの効果とは